社会福祉士とは?お仕事内容や資格受験に関する情報をご紹介

松本・長野介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 社会福祉士とは?お仕事内容や資格受験に関する情報をご紹介

 

社会福祉士と聞いて、どんな業務を行うかご存知でしょうか。
今回は社会福祉士の仕事内容や就業状況、資格の取り方などを解説します。

社会福祉士とは?主な活躍場所は?

社会福祉士とは?

社会福祉に携わるための国家資格で、昭和62年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」には、

「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連携及び調整その他の援助を行うことを業とする者」

とされており、社会福祉における相談援助業務が主な仕事です。

 

名称独占の資格

医師や看護師のような業務独占資格*と異なり、社会福祉士は「名称独占資格」です。

名称独占とは、資格のない者が「社会福祉士」という名称を使用することができないだけで、社会福祉に携わるために必須の資格ではありません。つまり、社会福祉士の資格がなくても、相談援助業務が可能である場合が存在します。たとえば「生活相談員」は介護福祉士、「ケアマネージャー」は介護支援専門員を保有していれば相談業務は可能です。

*その職に就くために必須となる資格。その資格があればその業務を独占的に行うことができる。

社会福祉士の活躍場所とは?

〈 医療機関 〉
医療ソーシャルワーカーとして、患者さんやその家族の抱える課題に寄り添い、他の機関や専門 職と連携し、地域や家庭において自立した生活を送ることができるよう支援しています。

〈 高齢者施設や障がい者・児童・母子等の施設 〉
生活相談員や、生活支援員、相談支援専門員として、利用者の生活全般にかかわる相談援助、連絡調整等を行います。

〈 市町村の福祉事務所や社会福祉協議会 〉
ケースワーカーや支援員などとして福祉サービスに結び付けます。また、コミュニティソーシャルワーカーとして、地域住民が福祉課題に取り組むことができるよう支援します。

〈 成年後見人等 〉
判断能力が不十分な高齢者や障がい者などの成年後見人として、身上監護や財産管理を通して、権利擁護を行います。

〈 相談機関 〉

地域包括支援センターなどの支援センターや相談機関などで、総合的な相談に応じ、その人らしい生活を支援します。

〈 その他 〉
・学校のスクールソーシャルワーカー
・司法機関(刑務所・更生保護施設)の相談業務
・ハローワークなどでの相談業務

 

社会福祉士の就業状況~具体的な仕事内容

社会福祉士は相談援助のプロフェッショナル

前記したように「名称独占資格」である社会福祉士の資格は、取得するメリットについて疑問に思われるかもしれません。しかし社会福祉士は、相談業務を幅広く行うことが可能です。

たとえば同じく相談業務を行うための資格であるケアマネージャーですが、別名介護支援専門員という名称の通り、「介護」に特化した相談支援を行います。一方で社会福祉士は、「介護」だけに限らず、生活困窮者のサポートや児童福祉におけるサポートなども専門的に行うことが可能です。

福祉だけでなく行政や医療などの様々な分野の幅広い知識をもち、社会問題全般に対応できる証が「社会福祉士」という資格です。今後、社会福祉士有資格者が増加すれば、実質的な業務独占資格になることも考えられます。

「社会福祉士」+「複数の資格」を保有して活躍

社会福祉振興・試験センターの令和2年の調査で、社会福祉士の資格をもつ人の37.6%が「介護支援専門員」を、また30.7%が「介護福祉士」の資格を保有していることがわかりました。この結果から、社会福祉士の資格を持つ多くの方が、複数の資格を保有し活躍していることがわかります。

参考 ▶社会福祉振興・試験センター【令和2年度社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士就労状況調査結果】

 

独立型社会福祉士として独立も可能!

社会福祉士は資格を取得してからも、その実践力を認定した「認定社会福祉士」「認定上級社会福祉士」などの制度や、「独立型社会福祉士」の制度など、ステップアップできる制度が充実しており、独立して社会福祉士事業所を開設することも可能です。

まさに相談業務のスペシャリストとして活躍が期待されています。

参考① ▶日本社会福祉士会【認定社会福祉士・認定上級社会福祉士とは】
参考② ▶日本社会福祉士会【独立型社会福祉士とは】

 

 

社会福祉士になるには?資格受験に関する情報もご紹介

資格取得ルート

社会福祉士の受験資格は以下の12ルートから得られます。

引用 ▶社会福祉復興・試験センター【受験資格(資格取得ルート図)】

 

社会福祉士国家試験の実施情報

前回、2020年度(2021年2月実施)の社会福祉士国家試験の合格率は29.3%で、合格基準点は総得点の60%程度でした。この合格率からも、間違いなく難易度の高い試験であることがわかります。

次回2021年度の試験は…

◆ 2021年度 社会福祉士 国家試験 ◆

2022年 2月 6日 (日曜日)

受験料:19,370円(社会福祉士のみ受験の場合)

残念ながら長野県では試験は行われませんが、隣県では埼玉、愛知、岐阜、新潟で行われます。
2021年度受験申込2021年9月9日から10月8日まで

受験申し込み手続きの詳細は、(財)社会福祉振興・試験センターから案内されています。受験をお考えの方は予定に注意して申し込みを行ってください。

 

一般的な社会福祉士の給与~県内の給与事情も併せてご紹介

 

社会福祉士の給与は平均で27万円程度、初任給では19万円程度となっています。

県内では平均月給21万円程度と低めです。
しかしながら、これらの額は社会福祉士の資格のみで就業した場合であり、その他の資格を取得して活躍する場合、給与額が上がることも予想されます。

 

 

まとめ

相談援助のプロフェッショナルである社会福祉士。
その国家試験が難関であるからこそ、幅広い知識が証明され大きな信頼を得て活躍することが可能です。

資格や経験を活かし、お仕事復帰や転職を考えませんか?

当センターでも社会福祉士の方がエントリー可能なお仕事を多数ご紹介しております。
ブランクからの復帰も歓迎!資格取得支援がありステップアップできる求人情報や、管理者や幹部を目指せる求人情報もお預かりしております!

まずはお仕事検索をして頂き、気になる求人があればお気軽にご連絡ください。

求人情報

社会福祉士の求人一覧

その他の求人検索はこちらから

お電話、相談専用フォーム、LINEからもご利用いただけますのでまずはお気軽にご相談ください。

電話でご相談 0120-27-4882
(平日9:00~17:00)
相談専用フォーム

LINEは、1対1でのトークになりますので安心してご利用いただけます。
以下の「友だち追加」ボタンを押すか
「QRコード」を読み取ることで友だちの追加が可能です。

友だち追加

↓こちらのQRコードを携帯で読み取ってください