居宅介護(訪問・通所)の分類~小規模多機能型居宅介護~

松本・長野介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 居宅介護(訪問・通所)の分類~小規模多機能型居宅介護~

前回、利用者の方が入所して介護サービスを受ける「老人ホーム」の分類について解説をしました。

老人ホームの種類と特徴~働くメリットも解説!

 

今回は、自宅で過ごす利用者さんが受ける居宅介護サービスについて、その種類や特徴を解説します。

 

居宅介護サービスの種類とその特徴

居宅介護サービスとは、介護の必要な高齢者が、住み慣れた自宅で過ごしながら介護が受けられるサービスです。

まず、大きく3つに分類されます。

〈 訪問サービス 〉
自宅で暮らす要介護・要支援の方を訪問し、食事や排せつなど身体的介護に加え、買い物や掃除洗濯など生活支援を行う介護や、健康管理・衛生指導などの看護、リハビリサービスや入浴サービスを提供します。

〈 通所サービス 〉
自宅で暮らす要介護・要支援の方が施設へ通い、日中は施設で食事や排せつなどの身体的介護や、健康管理・衛生指導などの看護、リハビリサービスや入浴サービスを受けられる介護サービス。

〈 短期入所サービス 〉
自宅で暮らす要介護・要支援の方が短い期間だけ施設に入所し、24時間体制で介護サービスを受けられます。(看護やリハビリも含む)

 

訪問サービスの種類と特徴

■ 訪問介護
介護者が利用者の自宅に訪問して食事や排せつなどの身体的介護だけでなく買い物や掃除洗濯などの生活の支援を行います。

■ 訪問入浴
介護者と看護師が利用者の自宅を訪問し、移動式の浴槽を利用して入浴を行います。

■ 訪問看護
看護師が利用者の自宅を訪問し、医師の指示に基づく医療処置や医療機器の管理、床ずれ予防や処置などを行います。

■ 訪問リハビリ
機能訓練指導員が利用者の自宅を訪問してリハビリの指導や支援を行います。

 

通所サービスの種類と特徴

■ 通所介護(デイサービスセンター)
施設に通う利用者へ、食事や排せつ、入浴の介助を行い、リハビリやレクリエーションを提供します。朝夕に利用者の送迎も行います。

■ 通所リハビリテーション(リハビリ型デイサービス)
デイサービスの中で、リハビリに特化したデイサービスで、朝から夕方まで過ごす一日型や、午前のみや午後のみで通う半日型の施設もあります。

 

短期入所サービスの種類と特徴

■ 短期入所生活介護/短期入所療養介護
施設に利用者が短期間宿泊して、24時間体制で介護を受けられます。看護ケアやリハビリも利用できます。

 

その他のサービス

■ 福祉用具貸与
車いすや特殊ベッドなどの福祉用具のレンタル

■ 特定福祉用具販売
腰掛便座、特殊尿器、入浴補助用具などの福祉用具の販売

■ 住宅改修費支給
自宅に手すりを取り付けたり、段差解消のための改修工事をしたりする費用を支給

■ 居宅療養管理指導
医師や薬剤師が訪問し、服薬や歯磨き、栄養摂取についての指導

■ 居宅介護支援
利用者が必要な介護サービスを受けられるように、ケアマネジャーが利用者と施設側との調整を行い、ケアプランを作成

■ 特定施設入居者生活介護
有料老人ホームやグループホームなどにおいて、食事や排せつの介護、リハビリやレクリエーションなどを提供するサービス

*入居している施設の居室が自宅とみなされるため、居宅サービスの1つに分類されます。

 

小規模多機能型居宅介護(小規模多機能ホーム)

介護度が中重度となっても在宅での生活が継続できるよう支援するため、平成18年に創設された「小規模多機能型居宅介護」(以下、小多機)は、「通い・訪問・泊まり」のサービスを1か所で受けられる介護サービスです。事業所のある市町村に居住する方が対象で、登録定員は29名以下、家庭的な雰囲気が特徴です。施設名称に小規模多機能ホームと付くこともあります。また、同じような名称の「看護小規模多機能居宅介護」とは、小多機をベースに医療支援が必要な方への看護ケアも含めた介護サービスのことです。

小多機が創設される前では、「通い・訪問・泊まり」のサービスをそれぞれ別の施設で受けていました。そのため、それぞれの場面で利用者に対応するスタッフが異なり、馴染みの関係やケアの連続性が保たれないなどの問題がありました。地域に根ざした小規模の施設で、同じスタッフによる連続性のあるケアが受けられます。

前記した通り、1事業所の登録定員が29人以下で、1日当たりの「通い」の利用者は概ね15人以下「泊まり」の利用者は概ね9人以下となっています。このサービスを利用しながら、訪問介護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、福祉用具貸与などを利用できます。

 

居宅介護で働くメリットは?

居宅介護では、利用者の方が住み慣れた自宅で過ごしながらサービスを受けてもらうことから、利用者やそのご家族の人柄に直接触れ、より深い信頼関係の中でお仕事をすることになります。責任も大きくなりますが、その分やりがいも大きなお仕事です。

介護職や看護職の場合、老人ホームの勤務では利用者の方のゆったりとした生活の中に入ってその都度必要な介護を行いますが、訪問介護やデイサービスでは時間が細かく決まっているので常に時間を気にかけながら介護を行うことが特徴です。「時間に追われる」という点ではデメリットにもなりますが、働く時間において大きなメリットがあります。訪問介護では、自分の働きたい時間に合わせた勤務が可能であり、またデイサービスでは日勤の定時出退勤ができるという点で、家庭やプライベートとの両立を考える方にとってはとても人気があります。

色々な現場に関わりたい方は小規模多機能ホームでの勤務がオススメです。通い、訪問、宿泊、複数のサービスに対応できる力が身に付き、将来キャリアアップを目指す方にとっても、必要な経験を得られるのではないでしょうか。

 

お仕事をお探しの方へ

ご自身の希望条件に合ったお仕事をお探しの方!
松本・長野介護求人センターへ是非ご相談ください☆彡

当センターでは、長野県内の介護業界に特化した転職・就職をサポートしています。
無料お仕事相談も受付中ですので、お電話またはLINEからお気軽にご相談ください♪

《求人検索》はこちら>>>

 

▼ 待っているだけでOKの事前登録もぜひご利用ください! 
希望条件に合った新着のお仕事や非公開求人をいちはやくご案内します☆彡
《事前登録》はこちら>>>

 

▼ ご転職やお仕事復帰などお考えの方へ就職相談も受付中!
お電話、相談専用フォーム、LINEからもご利用いただけますのでまずはお気軽にご相談ください♪

電話でご相談 0120-27-4882
(平日9:00~17:00)
相談専用フォーム

LINEは、1対1でのトークになりますので安心してご利用いただけます。
以下の「友だち追加」ボタンを押すか
「QRコード」を読み取ることで友だちの追加が可能です。

友だち追加

↓こちらのQRコードを携帯で読み取ってください