面接に落ちる人の特徴ベスト5!

松本・長野介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 面接に落ちる人の特徴ベスト5!

こんにちは。アドバイザーのSです。
「松本・長野介護求人センター」では、求職者の皆さんに ”より適切なアドバイスをするため” また ”面接で困ったことがあればタイミングよくフォローを入れるため” に見学や面接に同行しております。

そんな中で「こんな人は面接に落ちるな・・・」という方の特徴を実経験を基にまとめてみました。これを見てしっかり面接対策をしましょう!!

題して「こんな人は面接に落ちる ベスト5!」

 

第5位 何をしたいのかわからない

その企業/法人に興味があって面接をしているはずなのに
「やりたいことがわからない」「なぜ転職しようと思ったのか答えられない」
「その企業/法人が何をしているのかまったく知らない」
という人がいます。

出来ることなら面接する企業/法人のホームページを事前に確認するなどして
「そこでどんな仕事をしたいのか」「自分が希望する施設以外にもどのような形態の施設があるのか」「企業/法人の理念や方向性」
などを事前に調べてから面接に臨むと面接時の会話もはずみ説得力のある回答も出来ると思います。

 

第4位 敬語を使えない

社会人として、ビジネスマナーを守ることはとても大事なことです。
「挨拶が出来ない」「敬語や正しい言葉遣いが出来ない」方は印象が悪く、面接に落ちる可能性も高くなります。

実際に、友だち感覚の話し方で敬語を使えない方が落とされたのをみてきました。
社会人としての基本的なマナーは身につけておきたいところですが、今すぐに難しいという方は「相手の目を見てゆっくりと丁寧に話す」ことを心がけてみてください。
真摯な態度は面接官にも伝わると思います。

 

第3位 時間を守らない

面接に遅刻をしてくるのはとても失礼なことです。
以前面接に遅刻をした方がいたのですが、到着までなんとかこちらで場をもたせておりましたが穏やかな空気感で面接が始まることはなく、結果落とされてしまいました。
面接官も忙しい時間を割いて面接の時間をつくってくれているのです。
約束の時間を守れない、というのは ”普段も時間にだらしない人” と判断されかねません。
たとえ想定外のことがあったとしても、それを見越して十分余裕をもった行動が出来るようにしたいものです。

 

第2位 明るさが感じられない

明るさがなく、覇気がない方がいらっしゃいます。
もちろん慣れない面接で緊張されているのはわかりますが、明らかに笑顔がなく覇気が感じられない方は印象があまりよくありません。
職業柄、お年寄りの方と接してのお仕事が多いと思います。
笑顔がなく覇気がない方に介護・看護してもらいたいと思うでしょうか?
「やる気がない」と思われないように面接時には明るく笑顔を心がけましょう。

 

第1位 清潔感が感じられない

なんといっても第一印象は大事です!
「身だしなみが整っていない」「スーツやシャツに皺がついている」「髪の毛がボサボサ」。
このように清潔感が感じられない人は、いくら中身のある答弁をしていても面接官の悪印象を拭うことはできません。
以前面接同行した方で、「資格を持っていて夜勤も出来る好条件」の方がおりましたが、靴下を履かず素足で来た方がいて落とされてしまいました。
とてももったいないです。
身だしなみを整えることは事前に出来ることです。清潔感を意識して面接官に好印象を与えましょう。

 

§まとめ§

ここまでみてきた「面接に落ちる人の特徴」は事前に準備し改善できることばかりです。
出来ることをせずに怠って後悔するより、出来ることをしっかりやって面接に臨みましょう。
面接官に好印象を与えることが出来ればきっと内定を勝ち取ることが出来ます。
一緒に頑張りましょう!!