介護老人保健施設(老健)とは?特養との違いや働き方の特徴は?

松本・長野介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 介護老人保健施設(老健)とは?特養との違いや働き方の特徴は?

介護老人保健施設(老健)とはどんな特徴のある施設かご存知でしょうか。

今回は老健でのお仕事や働くメリット、特養との違いなどを解説します☆彡

介護老人保健施設とは?~利用者の条件

介護老人保健施設とは?

介護老人保健施設(以下、老健)とは、介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すための施設です。

医師による医学的管理の下で介護が行われ、特にリハビリテーションを提供する施設であることが特徴です。

老健は「在宅復帰」「在宅支援」の拠点として、入所・短期入所サービス、通所リハビリテーションや訪問リハビリテーションを提供しています。公的な施設であるため、特養と同じく介護保険が適用されます。

 

利用者の条件

介護保険法による被保険者である65歳以上の高齢者であり、病状が安定していて入院治療の必要がない要介護度1以上の方で、リハビリテーションを必要とされる方が老健を利用できます。

*65歳未満の方でも要介護認定を受けている方は利用できます。

 

老健の居住タイプ

老健の居住タイプも特養と同じように、〈従来型個室〉・〈多床室〉・〈ユニット型個室〉・〈ユニット型個室的多床室〉に分けられます。

 

各居住タイプの詳細はこちらをご覧ください。▶「特別養護老人ホームとは?」

老健でも、特養と同じようにユニット型個室への切り替えを推進されていますが、未だ切り替えが進んでおらず、ほとんどの施設で多床室のままであるのが現状です。

 

老健の人員基準や設備、介護報酬における評価区分

人員基準や設備

引用▶厚労省【第144回社保審介護給付費分科会資料「参考資料2/介護老人保健施設」】

 

老健の人員基準において他の高齢者施設と異なる特徴は、医師が常駐していることです。
医療の管理下で、「在宅復帰」を目標にリハビリが実施されます。

 

老健の介護報酬における評価区分

平成30年の介護報酬改正により、老健は、

  • 超強化型
  • 在宅強化型
  • 加算型
  • 基本型
  • その他

の5種類に区分されました。上の区分ほど、高い基準を満たしています

以前は在宅強化型・加算型・従来型の3区分のみでしたが、ベットの稼働率をより高くし、「在宅復帰」「在宅支援」施設としての機能をより進めていくため、高い基準による区分が設けられました。

長野県内にも、超強化型の老健が10施設以上設置されています。

 

老健での仕事内容や働き方の特徴

主な仕事内容や働き方

老健での勤務は、日勤と夜勤を含めた交代制の勤務が一般的で、曜日固定のお休みはなくシフト制の休日です。

仕事は主に老健に入居している方の食事・入浴・排泄・歩行の介助やリハビリのサポートです。入居者の方の介護度が低い傾向にあり、特養などの他の介護施設に比べて介護者の身体的負担が少ないことが特徴です。

特養と老健の仕事内容の違い

特養では、入居者の方の「終の棲家」として終身での入居が可能であるため、職員も入居者の方も基本的には長期間変わらない顔なじみの中で、入居者の方の生活に寄り添って、生活中心の介護を行います。入居者の方が楽しめるようなレクリエーションを行うなど、豊かな生活を送れるようなサポートを行います。

一方、老健では、入居者の方の「在宅復帰」が目標となります。そのため、原則3~6ヵ月で退所となり、短期間で入居者の方が入れ替わるためコミュニケーションの力が重要になります。生活のサポートも行いますが、リハビリに重点を置いて介護を行うため、さまざまな職種のスタッフと連携しながらサポートを行うという面においてもコミュニケーション能力が不可欠です。

老健で働くメリット

医療やリハビリなどの知識や技術が学べる!

特養老健は医師や看護師が常駐し、医療が充実しています。またリハビリを中心とした介護を行う中で様々な職種のスタッフと連携しながら介護士としての業務を行っていきます。そのため生活中心の老人ホームなどでは経験できない、医療ケアやリハビリ分野の知識・経験を積むことができます。

介護度が低く、介護者の身体的負担が少なめ

「在宅復帰」を目指す施設であるため、介護度が低く、また身体介助や生活援助もリハビリを考慮した上でのサポートとなるため、介護者の身体的負担が少なめです。

給与面や待遇面も充実!

老健も特養と同じく公的な施設で、社会福祉法人や自治体が運営していることから、給与面では各種手当が支給され、昇給や賞与もあり、また待遇面でも福利厚生が充実しているなど、比較的高収入です。特に超強化型の老健では、高い基準をクリアしていることから高い介護報酬を受け取れるため、給与水準が高い傾向にあります。

 

まとめ

老健は、病院と老人ホームの中間的な施設であり、介護がメインのお仕事ではありません。上記でご紹介したメリットに加え、人によってはデメリットと感じる部分もありますが、介護以外の分野についても学びたいとお考えの方にはオススメの職場です。

 

当センターでも、老健でのお仕事を多数ご紹介しています‼

資格取得に向けた支援が充実した、キャリアアップ前提のお仕事もご紹介しております。
まずはお仕事検索をして頂き、気になる求人があればお気軽にご連絡ください。

 

求人情報

老健×正社員の求人一覧

老健×パート・アルバイト・契約社員の求人一覧

その他の求人検索はこちらから

お電話、相談専用フォーム、LINEからもご利用いただけますのでまずはお気軽にご相談ください。

電話でご相談 0120-27-4882
(平日9:00~17:00)
相談専用フォーム

LINEは、1対1でのトークになりますので安心してご利用いただけます。
以下の「友だち追加」ボタンを押すか
「QRコード」を読み取ることで友だちの追加が可能です。

友だち追加

↓こちらのQRコードを携帯で読み取ってください